FC2ブログ

阪神・淡路大震災発災から25年!!

令和二年睦月17日、平成7年1月17日の阪神・淡路大震災から25年が経過した。忘れもしない区議選初出馬の年で選挙準備であたふたしていた頃です。当日は、テレビのニュースを見て「一体何が起きたんだろう」と唖然としてしまった。震災の発生が想定されていなかった地域だし、都市直下型で高速道路の橋脚や建造物が崩壊してしまい愕然とした記憶がある。改めて6434人の犠牲者、お亡くなりになった方々に哀悼の意を捧げます。このことは、首都直下型にも直結し、その後も様々な対応、防災計画の見直しも行われている。政府や兵庫県の初動体制、危機管理の在り方も検証された。23年の東日本大震災も津波、原発等の被害が起こり此方も想定外であったがその都度、防災・減災の議論はなされ続けてきている。新年が幕開けし先頃、東南海・南海トラフがズレてきているとの報道もされており今後のまちづくり、都市基盤整備は再点検しなければならない。昨年の台風では避難所運営の問題点が指摘されたが地域の防災組織、制度も綿密に点検する必要がある。兎も角も教訓を生かして不断の見直しを行い議会でも対応していこうと改めて決意する一日です。

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)