一年に一回の会派視察に行きました。







7月28日、ここのところ町会の防犯活動や夏休み子供スポーツ教室・少林寺拳法で子供の相手をしたりで体を少々使い疲れていますが、今日は会派の視察です。早朝から飛行機(余り好きでないのです。)で北海道洞爺湖町へ。綺麗な建物の役場です。目的は有珠山噴火についてで、火山噴火史上「奇跡」の犠牲者ゼロだそうです。学者の予知を優先した自治体が即対応し事なきを得たのです。国道が寸断されるまでの被害に見舞われたが、噴火二日前から近隣住民1万人を非難させ人的被害を出さずに済みました。写真は上から洞爺湖サミット記念館、昭和新山、陸自第七師団駐屯地での昼食、以下、自衛隊での写真です。しかし、驚いたのは観光地、宿泊ホテル、土産屋等々は中国人ばかりで、ホテルの朝食時には、私達数名以外中国人で中国語、私達は一体どこにいるのかと錯覚してしまいます。今では箱根、富士山その他どこも、そうした状況が多いのですが、中国人恐るべし。観光産業や爆買してもらっている店は嬉しいのでしょうが、風習が違うのでゴミ捨て等のエチケット面は問題ありですね。