FC2ブログ

河村市長、よくぞ言ってくれました。

なかなか思いがあっても公では言えないものですが河村市長は自らの経験を踏まえて言ってくれました。それは、2月20日に名古屋市長の河村氏が南京市訪問団に対して南京事件について「南京虐殺は無かったのではないか」と述べたことです。南京大虐殺は子供の頃、教科書に記載され先生より酷いことがあったと教えられた。皆さんも、その様に習った方が多いと思いますが、近年、やっと中国側の主張の間違いや実態を調査研究し教科書も多少変更されています。私も中国が言う「捕虜、市民等の30万人虐殺」は当時の人口や諸々の状況を考えてもでっち上げだと思います。さて、河村発言を受けて南京市は名古屋市との姉妹校流を当面停止すると発表、ある意味、中国だから当然かもしれないが、何と政府や日本の報道機関が批判をしている。今までの謝罪外交、妥協外交が未だに継続している。